レイ シフォンについてabout us

レイ シフォン Lei Chiffon

Lei Chiffonとは

Lei Chiffonは東横線学芸大学駅 徒歩7分にある、土日限定、少人数制の桐箱 カルトナージュ&タッセルの小さなお教室です。

名前にこめた思い

Lei(レイ)
首にかけるお花のネックレスのこと
「大切なもの」
「人との出会いを大切にしたい」
という意味が隠されています。
Chiffon(シフォン)
絹のような柔らかい美しい布

美しい布や糸などに触れ合いながら、自分だけのオリジナルのモノづくりの楽しさをお伝え出来ればと思っております。

プロフィール

髙松 けいこ

東京都出身
桐箱 カルトナージュ&タッセルの小さなお教室 Lei Chiffon(レイ シフォン)主宰

短大卒業後、企業に勤めながら色々な習い事を経験。そのなかで、2008年「カルトナージュ」と出会い
「カルトナージュ」の楽しさにすっかり魅せられる。

2014年
日本アール・ド・ヴィーヴル協会のカルトナージュ講師資格を取得
2015年
日本アール・ド・ヴィーヴル協会認定校として、自宅にて Lei Chiffon(レイ シフォン)オープン
2016年
Momomusette桐箱ディプロマ認定校
2016年
Asossiation de Passementerie Japon協会 タッセルメイキング認定校

また、自分の作品を素敵に撮りたいとの思いから、フォトスタイリングと出会い勉強を始める。
2016年日本フォトスタイリング協会2級修了
現在は、フォトスタイリスト準1級アドバンス受講中

アクセス

最寄りの東急東横線 学芸大学駅

東急東横線「学芸大学駅」西口より徒歩7分
※お申し込み時に詳しくご案内いたいます

路線情報は Yahoo!乗換案内 をご覧ください。

カルトナージュの道具

カルトナージュは厚紙(カルトン)で組み立てた箱などに、美しい壁紙や布を貼りつけて仕上げるフランスの伝統的な手工芸品です。
カッターナイフやクラフトテープ・ヘラなどの道具を使って、形づくりから布貼りまでをすべて手作りで仕上げていきます。

厚紙(カルトン)
1~3mmなど作品の大きさや用途によって様々な厚みを使い分ける
ケント紙
布や紙の裏打ちに使用される
ボンド
木工用ボンドを水で希釈したもの
クラフトテープ(水張りテ―プ)
片面に乾燥した接着剤を塗布されている紙テープ。組み立てたカルトンの補強などに使う
ヘラ
細部を整える際に使用する
カッターナイフ
カルトンやケント紙などの切削に使用する
カッティングマット
布きりハサミ

作品ギャラリー

このページの先頭へ