カメラケース作成しました。

 

★週末限定★

桐箱 カルトナージュ&タッセルの小さなお教室

レイシフォンです。

 

先日、タイのバンコクで購入してきました、

「ジムトンプソン」の刺繍生地 

 

 

この素敵な生地で、カメラケースを作成しました。

カメラケースにちょうど良い大きさの桐箱に

生地を貼っていきます。

 

 

桐箱は、防湿、防虫効果があるので、

大切なものを保存するのにとても優れています。

 

いつもは、こんなケースに ↓ カメラを保存していました。

 

 

 

このケースいかにも保存ケースって感じだから、

使わないときは棚の中にしまっていたのですが・・・

使いたいときにすぐに取り出せなくって、

少し不便に感じてたので、

素敵な生地でカメラケース作成できて嬉しいです。

 

 

この箱なら堂々と部屋の見える場所に置いて、

必要なときにすぐにカメラを取り出すことが出来るから、

とても便利で使いやすいです。

 

 

 

 

箱を開けると、桐のぬくもりが感じられるので、

箱のふたを開けるたびになんだか癒やされます。

 

 

 

箱の中底には、

厚めのフエルトを敷いてカメラに衝撃がないようにして、

 

 

 

 

一眼レフ本体とレンズとお手入れグッツを入れられる

丁度良いサイズに仕上がりました。

 

 

 

 

 

本日も最後までお読みくださいましてありがとうございました。

是非、ポチッとお願いいたします。↓


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です